2017/08/20 (日)
帯締めが一本組める糸で練習をするのはもったいなくて

出来ない所ですが、ちょうど難のある糸が手に入ったので

気兼ねなく練習が出来ました。

柄の入れる間隔やどの柄にするのかまだ決められない

のですが教室で見て頂こうと下ろしました。



一度に3本の糸交換の練習をしたり、いろんな事を思い付い

てはやってみたりでまぁ組目がグチャグチャです。

昨日は何も組みませんでしたが、他のことをいっぱい勉強できて

有意義な一日でした。


CATEGORY: 組紐
| COMMENTS(2) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*
2017/08/14 (月)
先日冠組が組み上がったので高台に掛かったままのを

片付けないと・・・・と思いつつ暑すぎて二階に上がれなくて

丸台に糸を準備しました。

今回は久し振りに笹波組を組みます。



24玉用の糸を探したら、よく似た色あいになって あまり柄的には

目立たないようですが、自己主張しないこういうのもおとなしくて

ありかなと思います。


昨日から始めた模様替え、ようやく片付きました。

昨夜、つるっと滑って机の下敷きになり傷と青たんを作って

しまいました。

左足が変な角度になったので心配しましたがそろそろとなら

動けるので日にち薬で治まるはずです。

丈夫な骨でよかった~








CATEGORY: 組紐
| COMMENTS(2) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*
2017/08/10 (木)
組始めの感触がよかったのであまり間が開かない内にと

頑張って組みましたが、時々雑念が入ったり裏側の糸が

ちょっと緩んでいたのに気が付いて解いて組み直したり・・・

何とか組み上がりました。



組み始めほどの反応は無いけれど全体的に多少なりとも

反応が感じられるので、最近組んだ冠組の中では一番

良い感じに組めたと自画自賛です。

ちょっとした手の加減で組み上がりが変わるので本当に

冠組は難しい・・・





CATEGORY: 組紐
| COMMENTS(0) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*
2017/08/04 (金)
手順が少なくて簡単そうなんですが、なかなかいつも同じには

組み上がらない冠組、悩ましい組み方です。

京都の教室で初めて組まれた方の冠組を触らせて頂いたら私が

目指している組み上がりでした。

とにかく最初から何を組まれても綺麗、組みにくい組み方でも

続けて2~3本組まれます。  やはり心がけが違うんですね。

教えてもらったとおり組んだだけなんだそうですが・・・私のように

考えながら組むより無心で組むのがいいんでしょうね。


先日組み玉も追加購入したことだし冠組をもう一度組むことに・・・

で、生徒さんが習われたM先生にコツを聞いてみたらあれこれ

考えないことがコツかなって。 雑念が多すぎるんだわ私。

今回は薄グレー色で・・・



まだ少しだけしか組めてませんが組目はこんな感じです。



ついつい気になって、無心で組むのは難しいです。


CATEGORY: 組紐
| COMMENTS(0) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*
2017/08/01 (火)
組紐・組物学会でいつもお世話になっている多田牧子先生の

(うつくしい組ひもと小物のレシピ)本が発売になりました。

小ぶりな本・・・でも中身はぎっしり、糸の準備段階から最後の

房の仕上げまで丁寧に書かれています。

講師の先生方の作品も載っていて可愛くておしゃれな本です。



組図の糸の動きもカラーで分りやすく手の動かし方まで細かく

書かれているので初心者のかたでも見ながら組める本です。




CATEGORY: 組紐
| COMMENTS(2) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*
2017/07/30 (日)
組紐・組物学会でご縁があって鼻緒の事を聞かせて頂く

機会がありました。

それ以来一度は組んでみたいと思いながらようやく今年の

5月にあった作品展に出すべく組みました。

組むには組んだけど自分で鼻緒に加工するのは無理なので

鼻緒にしてくれるところを探すのが大変でした。

加工日数が掛かる事も金額的なことも初めて知り得ることで

作品展には間に合わないかも・・・と思いましたが、何とか

鼻緒になって作品展に出展する事が出来ました。



他には帯締めを出展、プラケースに少しだけ映り込んでいます。

皆さんの作品が素晴らしい力作ばかりだったので・・・ブログに

アップする事も忘れて今頃になりました。




CATEGORY: 組紐
| COMMENTS(2) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*
2017/07/27 (木)
組玉欲しいけどどうしょう・・・と随分長いこと悩んでいました。

高台に糸の準備をすると30匁の組玉が残り少なくて丸台で

同じ時に組みたいと40匁の組玉で組むことになります。

それでも大丈夫なんですが錘も合わさないといけないし・・・

只今休学中なので気が引けますが、思い切って本部に聞いて

みたら在庫があるということなので、24玉送ってもらいました。



これでまた冠組の練習が出来ます。

いま使っているのと形も目方も同じなのでよかったです。



新しい組玉も使い込んで艶々になるようにがんばって

組まなければ・・・




CATEGORY: 組紐
| COMMENTS(0) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*
2017/07/25 (火)
角台を出している間に手持ち本数を減らして細めで

眼鏡ストラップを組んでみました。

前に組んだ4本は4㍉のカツラに入る太さ、今回は

3㍉のカツラに入りました。



のんびりしていたらもうすぐ8月、手芸屋さんへ必要な物を

買いに行って早めに仕上げなきゃ・・・です。

CATEGORY: 組紐
| COMMENTS(0) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*
2017/07/21 (金)
妹の頼まれ物の眼鏡ストラップ、ただ眼鏡のつるが茶色と

聞いただけでした。

折角なので少しでも選べた方がいいかなと4本組んでみました。



ほかの姉妹も皆老眼鏡が必要なので使ってくれればと思っています。

眼鏡ホルダーの買い置きが足りないので買い足します。

取りあえず2本は完成しました。






CATEGORY: 組紐
| COMMENTS(0) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*
2017/07/15 (土)
五月に妹から眼鏡ストラップを組んで欲しいと頼まれていました。

忘れていた訳じゃないけれどしばらく眼鏡ストラップを組んでない

ので手持ち糸は何本がいいかな・・・とか

カツラに入る太さは・・・とか組み方は・・・とか色々考えている内に

結局何も出来ず、頭の片隅に残ったまま日だけが過ぎていきました。

とりあえず組んでみなければと久し振りに角台を出して試し組です。



これでカツラにうまく入るようならぼかし糸で組んでみようかと

思っています。




CATEGORY: 組紐
| COMMENTS(2) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*