2018/02/17 (土)
今日は多田牧子先生のクテ打ち、帯の歴史などスライドを見ながらの

レクチャーとディスクで組む丸唐組のアンバランスの組み方を習いました。

糸の配置と動かし方で随分変わった組目になります。

糸の締め加減でも出来上がりが随分変わり面白いと思います。

それ以外にも右回り、左回りを交互にとか、クロスで置いて組む方法とか

新しい組み方も発表されて少しの時間で4種類ぐらい組みました。

なんだかあっという間に時間が過ぎました。


昨日はお友達が用事や仕事でお休みだったのですが、今日は三人

揃ったのでランチに・・・

桂川で手打ち蕎麦を頂きました。



ここのお蕎麦もかやくご飯もどれも美味しいでした。







CATEGORY: 組紐
| COMMENTS(2) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*
2018/02/16 (金)
今日は春日弘子先生のクテ打ちのワークショップに

京都工芸繊維大学へ行ってきました。

クテ打ち初心者の方は5ループから、何度かしている者は

15ループの手操作を・・・

見本はこれ。



道具を使わず手だけで高台の組紐と同じようなのです。

いつも説明を聞いたらすぐに準備して組まれるSさんは私が

一つ目でモタモタしている間に3種類組まれてました。



前で若い男の方もこんなに素敵なのを組まれていたので

写真を撮らせて頂きました。



これは1本で組まれていたのでスリムな紐になっています。

私は・・・糸の準備に手間取ってここまで組むのがやっとです。

体型と一緒でずんぐりむっくり・・・

お目に掛けるのも恥ずかしいのですが・・・



とりあえず、組み方だけは覚えて帰ってきました。

時間のあるときにゆっくり組んでみようと思います。



CATEGORY: 組紐
| COMMENTS(2) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*
2018/02/05 (月)
毎日寒い寒いと言わない日がないぐらいこの冬は寒いです。

風邪、インフルエンザに掛からないようによく食べるので

体重は増加するばかりです。

少しは畑で運動を・・・と思うのですが、ほんの少しの時間で

手の先も足の先も感覚がなくなるくらい冷たくて、この冬は

二回もしもやけになりました。 なのでついつい畑も敬遠です。

火の気の無い部屋では4~5度位しかありませんから寒い

はずです。組紐を組もうと思うと早めに部屋を暖めないと

いけないのでこちらの方も滞りがちです。



今は無地部分を組んでいますが、まだ半分の長さまでも組めて

いません。 今日はせめて半分ぐらいまで組んでみましょう。





CATEGORY: 組紐
| COMMENTS(2) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*
2018/01/26 (金)
昨年末にお店で組紐を教えて欲しいと頼まれました。

組紐と言っても種類が多すぎてどういったものを望まれているのか

まだ分りません。 それに私自身が教えて欲しい方で教えるのは

性に合わないのではと心配です。

取りあえず近いうちに打ち合わせということなので、道具の要らない

クテ打ちはどうかな?・・・と久々にクテ打ちを組んでみました。



キーホルダーやミサンガなどの小物類を組みたいのか帯締めまで

組みたいのかによって道具も必要になります。

まだ雲を掴むような話で立ち消えになるか実行に移せるのかまったく

わかりませんが・・・

取りあえず一人でも組紐人口が増えれば嬉しいと思います。

来年は10月13日から18日まで伊賀で組紐国際会議も開催されますし・・・ね。










CATEGORY: 組紐
| COMMENTS(0) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*
2018/01/15 (月)
組み始めて間違いがあったので解いてもう一度やり直し。

今度こそ間違え無いように気をつけて・・・

何とかここまで組めました。



先日続柄を教えてもらったので途中で一度入れてみました。

もう一度続柄を入れてもよかったかも・・・

でも・・・続柄は緊張するし疲れます。

この先柄をどうするか悩むところです。




CATEGORY: 組紐
| COMMENTS(0) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*
2018/01/12 (金)
いま組んでいる二重亀甲柄はナミ綾で息継ぎするところがなく

綾ばかりなので間違えたらきっと解いても元に戻ることが

出来なくて全部解くことになるだろうからと慎重に慎重に組んで

いたはずなのになぜか変な目になってしまいました。



無かったことにしたい気持ちは大有りなんですが、この先

いやな気持ちで組みたくないので解きます。

もう一度柄から見直して綾もチェックしないと・・・です。

それにしてもガッカリです。





CATEGORY: 組紐
| COMMENTS(2) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*
2018/01/11 (木)
年末持ち帰ってお正月以降に組み上げたので、教室で

何を組もうかと思っていましたが、ワークショップでの

追っかけ金剛組を組んでみる事にしました。 

綾自体はものすごくシンプルなのになぜか糸の置く位置で

何度か戸惑いながらほんの少しだけ組んでみました。



錘の加減か落とし締めをしなかったからか、ぶよ~んとした

感じになっています。

次回の時また方法を考えてみることにします。


今日はこの冬最高の寒さ?   滅多に雪の降らないここでも

先ほどから雪が降って、地面がうっすらと白くなっています。

道に積もらなければいいのですが・・・







CATEGORY: 組紐
| COMMENTS(0) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*
2018/01/10 (水)
今日も寒くてうっとうしいお天気です。

外へ出掛ける用事が無いので午後から家で組紐です。

しばらく60玉ばかり組んでいて久し振りに68玉になると

何だか綾の取り方を間違えてばかりです。

組み始めてすぐから間違えてしまいました。



解いてもう一度組み始めましたが、今度は上上が抜け落ち

ていたりで一向に進んで行きません。

間が開くといつも通り最初は悪戦苦闘、慣れるまで疲れます。

気を取り直して組み直しました・・・が疲れて今日はここまでです。



亀甲柄はお目出度い柄で好きなんですが、高台でも丸台でも

間違わないように組むのに神経を使います。

ゆっくりゆっくり間違わないように確認しながら組まなければ・・・です。







CATEGORY: 組紐
| COMMENTS(2) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*
2018/01/08 (月)
今日は夕方までに何とか冠組が組めました。

なので続きに溜まっている房の始末と仕上げをしました。

2~3本ならいいのですが、8本もあったので結構時間も

掛かって大変で疲れました。



溜めないようにしないと・・・です。

次は糸の準備が出来ている高台で二重亀甲を組む予定。

しばらく組んでいないのできっと手が思うように動かない

でしょうね。








CATEGORY: 組紐
| COMMENTS(4) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*
2018/01/07 (日)
上下段とも変則的な撚り方向なので間違えないように気を

付けながら、毎回開き締めをしながら・・・

何とか組み上がりました。



しっかりした帯締めなので紬や大島などによさそうかなと思っています。

房がまだなので完成ではありません。


次は、年末にセットした冠組を組みます。

冠組が組み上がったら房の始末の溜まっている7本と一緒に

仕上げるつもりです。



年末の検定で組むばかりで房の始末をしていなかったので

随分溜まってました。




CATEGORY: 組紐
| COMMENTS(2) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*