FC2ブログ


2006/12/20 (水)
最近、お友達のお孫さんが踊りを習い始められました。
練習の時の着物にと先日ウールの着物をあげたら大層
喜んでくださいました。

そういえば、母が私の娘にとくれた派手目な着物があったはずと、
タンスの上に積み上げている箱を下ろしてみたら、やっぱり
ありました。

折角母が娘にくれた着物ですが、娘は一度も着ないまま
タンスの上に長年忘れられていました。

孫が着るようになるのはまだ10年以上も先の事、このまま
置いておいても果たして着るかどうかもわかりません。
それなら、せめて一度でも練習に着て貰えたら有難いことです。

色柄の好みが合うかどうか、ちょっと心配ですが、このまま
箱の中で眠らせずに済むなら本当に嬉しい事です。
気に入ってくれるといいんですけどね~。
CATEGORY: 組紐
| COMMENTS(0) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*
2006/12/19 (火)
随分前から着物地でA4が楽に入る大きさの手提げバッグを
作りたいと思ってはいるのですが、なかなか思うだけで作れません。

早くからオークションで紬の生地もゲットしてあるんですよ~。
それに、「バッグ作りの基礎ノート」なる本まで買ったのですが
一向に今日こそは作ってみようという日に恵まれません。

果たしていつになったら、バッグが出来るやらです。
普段しなれないことは、相当思い切らなければ取り掛かれませんね~。

そんな時、こんなのを見つけました。
私の思い描いているのとはちょっと違うのですが、軽くて
よく入りそうで和洋どちらでもいけそうな色柄、おまけにコンパクト!
いつになったら作れるか分からないので買っちゃいました。


広げたらこんな大きさになります。

CATEGORY: 組紐
| COMMENTS(0) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*
2006/12/18 (月)
遊んだ後はまた、日常に戻り家の用事をしなければ・・・
昨日は幸い昼間はお天気で風もあり洗濯物もよく乾きました。
ところが、4時前から雨が降り出し、おまけに霙か霰のような
音が聞こえます。
風もきつくなって表のもみじの葉っぱもほとんど飛んでしまいました。

こんな寒い日は組紐でも組みましょうと、またぼつぼつ続きを組み始め
ました。まだまだ、綾の取り方が頭に入りません。
書けば少しは頭に入るかと書いてみましたが、ややこしいと思うと
よけいに覚えられません。
今のところ亀より遅い状態ですが、間違わないようにゆ~っくり組んで
いきます。

今回お伊勢さんへ行った折、おはらい町にある組紐店へ寄ってみました。
まあ、色とりどりの帯締めや小物類、とっても素敵な物が一杯ありました。
本当はもっとゆっくり見たかったのですが、残念ながら・・・です。
そこで、ちょこっと組紐を使ったアームバンドを見つけて購入しました。
ちょっと見ずらいですが、黒糸とチェーンで組んでいるものです。
CATEGORY: 組紐
| COMMENTS(0) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*
2006/12/17 (日)
15,16日と久しぶりに伊勢志摩方面へ旅行に行ってきました。
いつも三重県の方には着付けや組紐で行っているのですが
教室以外はどこにも寄らずとんぼ返りするだけです。

今回は、姉夫婦がお誘いの声を掛けてくれたので、急きょ
便乗させてもらいました。
なかなか夫婦で旅行に行こうかと話が出ても、意見が合わなくて
結局立ち消えになることばかりです。お膳立てしてもらえればこそ
思い切って出掛けられます。

朝の弱い私は出掛けるのもちょっと遅め、夕方までにホテルに
着ければいいのです。
滋賀県から来る姉たちと私たちは10分違いぐらいでホテルに到着
しました。

まず、部屋に入って荷物を下ろし、夕食までまだ時間があるので
先に温泉に入る事にしました。
冷泉を沸かしているので本当は温泉とは言わないそうです。
ちょうどいいお湯加減で、の~んびりゆ~ったりつかってきました。

食事は部屋食なので気楽でいいです。
食べ初めてから慌てて写真を撮りました。
この後天ぷらと茶碗蒸し、デザートが出てきました。
もう、お腹満腹です。
さすがは海辺の町、伊勢えびのお造りや、貝の焼き物など、どれも
美味しいでした。

お部屋もすぐそこに海が見える部屋で、仲居さんから「朝日が昇るのが
見えますよ」と聞き、朝の弱い私はそれでも海から昇る朝日を写真に
撮りたくて、何か寝たような寝なかったような感じで朝を迎え写真を
撮ろうと思ったら、あいにく曇りで見えなかったのです。
本当に残念です。

二日目は久しぶりにお伊勢さんへお参りに、鳥居から随分歩きました。
広い境内が綺麗に掃き清められているのには驚きです。

帰りにおかげ横丁へも寄りました。おかげ横丁は、初めて行きました。
ぐるっと一回りしたら人だかりが・・・何事かと思っていたらなんと
グッド・タイミングで和太鼓の演奏が始まったのです。

迫力があって、お腹に響きます。三人でのバチさばきもピッタリ合って
とても素晴らしい!足の痛いのも忘れて15分間立ち続けて聞いていました。
本当にいい機会に恵まれました。

誘ってもらえたならこその、いい旅でした。





CATEGORY: 組紐
| COMMENTS(0) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*
2006/12/15 (金)
昨日は、組紐を習いに三重県まで行って来ました。
と言っても、お昼からだったのと私が頻繁に通えないと
いうこともあって、な~んにも組んできませんでした。

電車賃使って何しに行ったのなんて、つっこみ入れないで
くださいね~。特急に乗って順調に行っても往復で4時間以上
掛かるんですよ。道中だけでくたびれちゃうんです。
毎週通えるような近くならいいんですけどね~。

グチを言っても始まらないのですが、今回はまた、新しい
組み方図を買ってきました。
今、組み始めたばかりの花漣組(はなささなみくみ)が組み
上がったら、組んでみたいと思っています。

その、花漣組まだ25センチほど組めただけです。
今日は近場へ姉夫婦と一緒に一泊の旅行に行くので、
今日明日は全く組めないし、年内に出来上がらないかも
しれません。

「予定は未定により決定にあらず」と昔よく言いましたが、
頭の中の予定はいつも崩れ去るのです。

まあ、今回は久しぶりに姉夫婦との旅行ですから、組紐は
こっちに置いといて美味しい物を食べてのんびりしてこようと
思っています。


CATEGORY: 組紐
| COMMENTS(0) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*
2006/12/14 (木)
今日は久しぶりに三重に組紐を習いに行きます。
いつもは金曜日なのですが、予定が入っていまして
なかなか行ける日がないので、先生に無理を言って
本日教えて頂けることになりました。

年末のお忙しい時期に先生には時間を割いていただいて
本当に申し訳なく思います。
心して習わなければと思います。

せめて綾書が分かるようになるまでは続けたいと思うの
ですが、高台も奥が深くてそこにたどり着くまでに挫折
しないかとちょっぴり不安です。

でも、組紐の本に載っている写真を見ながらこんなのを
組んでみたいと思う内は大丈夫かな~。

この絹糸でこの組み方をと気持ちだけは先走り、糸を
注文したのが届きました。
がんばらねば!・・・
CATEGORY: 組紐
| COMMENTS(0) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*
2006/12/13 (水)
ここ何年も毎年、年末のこの時季になると、干支の色紙を
送ってくださいます。(ここだけの話、楽しみにしているんです)
今年も来年の干支の猪の色紙を贈ってくださいました。

毎年思うのですが、どうしてこんなに素敵な絵が描けるのかしらと
思ってしまいます。

私は絵が苦手で娘や孫に笑われるほどヘタです。
着付け教室に行ってから、帯結びの絵が描けない事に気が付いた
くらいですから・・・本当に情けない事です。

上手く描けない私は、お隣の方の描いたのを写させてもらうという
せこい事をしております。
お隣の方はいい迷惑でしょうね。

一応描く努力はしているのですが、なんともバランスが取れなくて
不恰好な絵なので、あとで自分で見てもどうなっているか分からない
のです。

絵の事ばかり気にしていると、帯結びの手順の説明が聞こえないという
悪循環なのです。

いつも上手な人が描いた絵をコピーしてもらえたらなあと願っているのですが
なかなかそうはいきません。
私って芸術センス、まるでないんだわと改めて思い知ったのです。

話が脱線してしまいましたが、早速額に入れて飾らせていただきます。
いつもいつも心のこもった贈り物を頂き本当にありがとうございます。
CATEGORY: 組紐
| COMMENTS(0) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*
2006/12/12 (火)
組紐も10日もしないと糸の準備に手間取ります。
おまけに絹糸のご機嫌が悪いのか本数を数えて
糸をさばいても、どれもこれも、からまってなかなか
組玉に巻き取るのに時間が掛かります。

ようやく全部巻き取れたのは夕方近く・・・
夕飯の支度をしなきゃいけないし、洗濯物を取り込ま
なくてはいけないし、一模様も組めないまま夜に
なってしまいました。

夕食の片付けも済んでやっと、本を見ながら少しだけ
組み始めました。
グレー地にこげ茶の花、ちょっと渋すぎたかな~と思わなくも
ないのですが、どこにでもありそうな花じゃないのをと考えたら
この色になってしまいました。

簡単そうで、ややこしい綾なので、本から目が離せません。
いつもの事ながら手順が頭に入るかどうかで~す。
ほんの少し組んだだけですが、花になっているのを見て
嬉しくなりました。
CATEGORY: 組紐
| COMMENTS(0) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*
2006/12/11 (月)
師走に入り出掛ける事も多かったり、家の片付けが
気になったりで、真っ赤なバラを組んでからしばらく
組紐から遠ざかっていました。

この最近10日も組紐から離れるのは、自分でも珍しい事と
思います。気ぜわしい時季にのんびり組んでいられるだろうか
とか、年内に組みあがるだろうかなどと頭の中で考えている内に
日が過ぎていったのです。

本当は家の事もまだまだしなければいけない事があるのですが、
糸の準備をしておけば、少しの間でも組む時間はあるんだからと
久しぶりに糸の準備を始めました。

まだ、準備の途中ですが、多田牧子先生の高台の組紐に載っている
花漣組を組みたいと思っています。
CATEGORY: 組紐
| COMMENTS(0) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*
2006/12/10 (日)
この着物は10月にとんぼ様と京都でお出会いする時に
慌てて縫って、初めて着て行った着物です。

プレゼントして頂いた着物で、色目も好きな色で柄も
上品な茶道具柄、とてもお気に入りです。

ところがうかつにも初めて着て、シミを付けてしまったのです。
隠し様の無い上前の一番目立つ所です。
もう!ほんとショックでした。

シミは長く置くほど取りにくいといいますから、帰って早速
呉服屋さんに勤めていたお友達に相談をして、いいお店を
紹介してもらいました。

私は今まで、洗い張りや、染め替えは出した事があるのですが
シミ抜きや丸洗いは初めてです。
お店の人といろいろ相談をして、丸洗いだけでは取れない恐れが
あるということで、シミ抜きプラス丸洗いをして頂きました。

綺麗になりましたと電話を頂き、昨日いただきに行ってきました。
本当にどこにシミを付けてたのか分かりません。
おまけに丸洗いの方は半額にして頂き、両方で8000円でおつりが
ありました。ラッキーでした。

シミが付いても変にいじらず、速やかに出すのがコツのようです。
新品のようになったので、また着て出掛けられます。
何処にもシミが無い・・・うれしい!


CATEGORY: 組紐
| COMMENTS(0) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*