2009/06/20 (土)
今回の羽織紐、なかなか上手く出来なくて何度も組んでは
解きの繰り返しです。

2,7mの糸を3等分の長さにしましたが、綾竹台で組むには
撚りが掛けにくいので、もう一度糸の準備からやり直しです。

今度こそ!っと思って2,7mの糸を半分の長さで準備しました。
ちちの部分も組み直し、ちちと本体を組む糸とくくりつけました。



よし!今度は隙間なくくくりつけられた・・・と喜んだのもつかの間、
何を勘違いしたんだか、もう一本組むのに準備した糸まで一緒に
くくりつけてしまった

よくケチがつくといいますが、まさしくそんな気がします。
折角くくりつけた糸をもう一度解いて、こんがらがる糸をなだめながら
またやり直しです。

あぁ~・・・いつになったら組み上がるのだろう。
何も進まず疲れだけが残ります。

CATEGORY: 組紐
| COMMENTS(0) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*
2009/06/19 (金)
久しぶりに半幅帯で帯結びをしました。
実はこれには訳があって、いつも見せて頂いている
こぶたの足音のhisa様のブログで載せておられた
帯結びです。

名前も可愛く「恋文」という結び方だそうです。
hisa様はうちの娘とあまり変わらない年齢だったと
思いますが、お着物がお好きでよく着物を着ておられる
ようです。

「恋文」の結び方が素敵だったので、結び方を教えて
頂きました。

それで結んでみたのが、この帯結びです。
hisa様のようにはいきませんがこれで合っているのかしら。



若かりし頃に着ていた洗える絽の着物に結んでみましたが、
なんと40年も経つと糸が弱って、袖付け部分ほつれてしまい
ました。



CATEGORY: 組紐
| COMMENTS(0) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*
2009/06/18 (木)
昨夜遅くまで掛かって、らっきょうのへたを取りきれいに
洗ってそうじしました。



こうして広げて一晩水気を切りました。

らっきょうの漬け方も色々あるようですが、今回買った
らっきょう酢には、塩漬けもせずにそのまま漬けるだけで
いいと書いてあります。



やっぱり説明書通りにしたほうがいいのでしょうね。

準備していた容器にらっきょうを入れて、その上から
らっきょう酢をかけるだけ・・・超簡単です。

画像には写っていませんが、鷹の爪を少しだけ入れて
出来上がりです。



あとは味がしみ込むのを待つだけです。
はて、さて、今年のらっきょうのお味はどうなんでしょうか。


CATEGORY: 組紐
| COMMENTS(0) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*
2009/06/17 (水)
スーパーに行くとこの季節らっきょうが目につきます。
去年のらっきょうも、もう少しで食べ終わりです。

荷物の少ない時に買って帰ろうと思いながら、洗いらっきょう
を見ているとどれも大粒なんです。

私がらっきょうは小粒の方が好きなので、何度も買い損ねて
いました。

今日も見ていると、もう入荷も終わりのようなので、小粒をと
思っていたら、泥つきのらっきょうの方が小粒なので買いました。

1,2キロふたパックです。



泥つきは、洗って掃除が大変なんですが、頑張って漬けます。

血液サラサラ、肩こりも軽減できたら嬉しいですからね。

CATEGORY: 組紐
| COMMENTS(0) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*
2009/06/16 (火)
珍しく主人がドライブがてらにと遠出をしてくると出かけました。
いっつもたまには出掛けたら?と言ってもなかなか出掛けよう
とはせず家にいます。

ず~っと家にいると何となく束縛されているような気分になる時も
あります。

時間が来れば食事の準備・・・たまには解放されたいと思うのです。
お昼も夜もいらないなんて嬉しい!相当な悪妻です。

そうなると何をしょう、お腹がすけば自分一人好きな時間に適当に
食べられるものね。

ちょうどお昼はお友達がお食事に行こうと誘って下さいました。
なんというタイミングの良さ。

のんびりゆっくりおしゃべりをして美味しい物を頂きました。

無事に着いているのかなぁと気にしていたら、携帯に泊まって帰る
と電話がありました。

何年ぶりの事でしょう。
夕飯は手抜きで・・・とか、お風呂も好きな時間に・・・とか思って
いるだけでも解放感です。

色々想像している時に、親戚が頼んでいたお米を持って来てくれました。
夜も退屈することもなく、ルンルン気分の一日が過ぎました。

ブログを見たらショックを受けるかなぁ・・・
可哀想な主人、尽くすタイプの妻じゃなくてゴメンネ。
でも、本音はこんな日がたまにある事を望んでいます。

CATEGORY: 組紐
| COMMENTS(0) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*
2009/06/15 (月)
買い物に行くとつい覗いてみたくなる苗屋さん。

今は野菜苗がほとんどありませんでしたが、唯一

キュウリの苗がありました。

接ぎ木苗じゃないみたい・・・だいじょうぶかなぁ

そんな事を思いながら説明を読んでいると、秋に

採れるキュウリの様です。

今、時折採れるキュウリが終わった頃に生ってくれたら

キュウリも長く楽しめると三本だけ買ってきました。



今日もいいお天気なので、これから朝の涼しい間に植えて

こようと思います。

CATEGORY: 組紐
| COMMENTS(0) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*
2009/06/14 (日)
昨日は組物、組機の歴史、組物の特徴、材料、用途、丸台
もう一つは何だったか忘れてしまいました。
(と・・・こんな事で大丈夫なんでしょうか)。。。を習いました。

ミミズが這ったような下手な字で一生懸命メモをとるのですが、
スピードに到底追いつけず、途中までで止まったままのメモを
帰ってから見てもよく分からないと言う悲惨な事に・・・

丸台では、段ボール箱を組み立ててカッターで鏡穴と下部分
に手が入るように切りぬき、組紐ディスクを載せて即席丸台を
作りました。

なるほどねぇ・・・こういう事を考える多田先生はスゴイ!と思います。
懐かしい工作の時間のようでした。



これは、丸四つ組を組んで実際の見え方に色を塗ったものです。
組紐を習った時に配色例や配色記録では習いましたが、配色の
展開図は習いませんでした。



あの頃は新しい組み方を覚えるのに夢中になって、教本を見ても
どこにも色は塗っていませんでした。

多分落ちこぼれ組だと思いますが、教えて頂いた事の中から
ひとつでもふたつでも得られればと思います。

授業の後はミカ様と五条の問屋さんのファミリーセールをのぞきに
行き、目の保養・・・和装スリップを購入しました。

あとは喫茶店でケーキとコーヒでゆっくりおしゃべりして帰りました。
有意義な楽しい一日でした。











CATEGORY: 組紐
| COMMENTS(0) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*
2009/06/13 (土)
ちょうど通勤、通学のラッシュの時間帯で、満員電車に
揺られワークショップへ行ってきました。

丸台で組む人とプレートで組む人それぞれですが、私は
丸台の方を選びました。

初心に帰って糸の結び方、箸の通し方、組玉に巻き取る
方法を詳しく教えて頂きました。

いつの頃からか自分のやりやすい方法でしていたもので、
こんな風に準備をするのは久しぶりの事でした。

八玉で組む組み方を20センチずつ順次習って組みました。

鎖つなぎです。



平八つ組です。



江戸八つ組です。



八つ瀬組です。



唐八つ組です。



金剛組です。



最後は変わり八つ組です。



久しぶりに結構頑張って組みました。

三時過ぎからは形式知説明(組紐技術を応用した複合
材料製品の特徴)をスライドを見ながらの勉強と機械の
見学でした。

久しぶりのお出掛けで丸一日、ちょっと疲れましたが
今日も授業を受けに行ってきます。



CATEGORY: 組紐
| COMMENTS(0) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*
2009/06/12 (金)
今年初めて収穫のレタスとミニトマトです。



昨日朝から雨もあがったので、そろそろいいころかなと
採ってきました。

苗を植えてからほとんど世話もせず、時折肥料を置いただけ
なのに時期が来ればちゃんと巻くものなんですね~

薬も何も掛けていないので外側の葉っぱは虫さんに
食べられましたが、それでもまずまずの大きさに育って
くれてとっても嬉しいです。

ミニトマトはようやく4個だけ赤くなりました。
暑くなってくると昨年のように沢山採れるのかしら・・・

畑の野菜たちも予想外の収穫だったり当てが外れたり
色々ですが、それがまた楽しく面白いのです。


CATEGORY: 組紐
| COMMENTS(0) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*
2009/06/11 (木)
何年も前に組紐を習い始めた頃、丸台を持って行くのに
縫った袋です。







明日、明後日と京都工芸繊維大学に丸台を持って行こうと
先日からこの袋を探していました。

何処に入れ込んだのか、長年使う事も無くどこかにしまっている
はずと押入れの中をがさごそと探していました。

それにしても、何を思ってこの様な色柄にしたんだか・・・
派手な色にしていたおかげで見つかりました。

やれやれ、これで明日の準備が出来ました。





CATEGORY: 組紐
| COMMENTS(0) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*