2010/09/30 (木)
彼岸花は、ちょうどお彼岸頃に咲くから彼岸花と
言うのでしょうか。

今真っ赤な花が咲いてとっても綺麗です。
でも、花も茎も根も有毒だと何かで知ってから
触ったことはありません。

ところがお近くで彼岸花を植えておられるお家が
あって、不思議に思っていたのです。

有毒だという事をご存じないのかと思っていたら、
昔、おばぁちゃんが彼岸花の根っこを炊いて
伸子張りに使う「ふのり」代わりにしていたと・・・

へぇー毒だから怖くて触れないと思っていたのに、
そんな利用方法があるなんて・・・初耳でした。

いい事を聞かせてもらったので、彼岸花で検索して
みました。

こちらです。

ナント!ナント!水に何度もさらせば食用にもなる
んですって。

それに、漢方薬にもなるなんて。。。
あらら、綺麗だけど毒花というだけで忌みきらう花という
風に思っていましたけど・・・

彼岸花に対して持っていた意識を変えなければ。。。です。









CATEGORY: 日々の出来事
| COMMENTS(4) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*
2010/09/29 (水)
時々思い出したように着付けの練習をしています。
まだ袷の長襦袢では暑いだろうと袖だけ無双の
単の長襦袢に変えてみました。

袋帯も変えて練習です。
こういうのってほとんどの場合、きれいに柄が合う
はずなんですよね。

ただ、ごちゃごちゃした柄はきっちり合わなくっても
そんなに目立たないんですけど・・・

柄の事を考えずにお太鼓を作ると、まったく柄が合わず、
お太鼓とたれに同じ柄が出てきてしまいました。

アラァ~、ぶさいく目立ちすぎです。
慌てて解きました。

今度は柄を意識してお太鼓を作りました。

手の長さも重要、あそびも多少必要・・・
お太鼓の山にどの柄を持ってくるかも重要です。

で。。。こんな風になりました。





柄が綺麗に合うと気持ちがいいですね。
いつでもこんな風に出来るとは限りませんし、体格の
いい方なら柄は度外視になってしまいますわ。きっと!



CATEGORY: 着付け
| COMMENTS(2) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*
2010/09/28 (火)
すこ~し前に主人が、冬瓜が好きだと聞いたから
って言って持って行きました。

主人からいうと、いとこのお嫁さんです。

その折お礼の電話を頂いて、最近は足が悪くて
ディサービスに週一回出掛けるだけであとは家に
いるから顔を見せに来て下さいと何度も・・・

今年90歳、耳はよく聞こえるし新聞も見える、
時々物忘れはするけれど口だけは達者ですと
笑わせてくれます。

ほとんどは、親戚の不幸のおりや法事の時に顔を
合わすぐらいです。

今年の夏はほとんど食べられず、寝たきり状態
だったそうです。
顔が一回り小さくなっていました。

ちょうど娘さんも来られていて、なおさら話が
弾んで三人とも大笑いでした。

100歳まで生きたいと言っていた母とはひとつ違い、
またしゃべりに行きますから長生きして下さいね。



CATEGORY: 日々の出来事
| COMMENTS(4) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*
2010/09/27 (月)
いつも見せて頂いているブログで、お友達からの
プレゼントという事でしたが可愛いお裁縫道具が
載っていました。

カードの糸巻き、可愛いなぁ・・・

と思いつつ裁縫箱に目をやると、空のカードがありました。

ウフフ・・・作り方分からないけど真似してみよう。

縮緬地と接着芯でもいいかな・・・と
型紙も無し目分量で、不器用な癖に横着者です。

ボンドでくっつけて、かがっただけですが、何とか
形にはなりました。



ついでに挟み入れも作ってみました。
一応裏も付けたんですけど、大きすぎました。
やっぱり適当はダメですね。

人様には見せられない出来ですが、遠目で・・・

今度の着付けの時にはこれさえ持って行けば
いいから便利だと思います。







CATEGORY: 日々の出来事
| COMMENTS(4) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*
2010/09/26 (日)
比翼に芯を綴じ付けたので、ヨシッと留袖着付けの
練習を始めました。

まずは長襦袢から・・・この長襦袢縫ったはいいけど
なかなか出番が無いので、こんな時にでも出てもらい
ましょう。



しばらく留袖触っていなくて、こんなに重かったかなぁ
と言う感じです。

久々にボディのお絹ちゃんに着せるのですが、裾を
合わせて腰紐を締める時点でズリズリします。

やっぱり怠けていた事は顕著に表れますね。
体の持って行き方やリズムを取り戻すまで同じ事を数回
して留袖を着せました。



比翼に芯を縫いつけておいたら、胸元すんなり出来ました。
折りながら・・幅を決めながら・・着付けるのはけっこう
大変ですから、当日もこの方法にします。

袋帯で二重太鼓も結びました。



たれが少し長かった。。。
お太鼓大きすぎかなぁ。。。


留め袖二重太鼓

次の練習の時には、お太鼓の形と柄の出方気をつけないと・・・





CATEGORY: 着付け
| COMMENTS(2) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*
2010/09/25 (土)
着付け師の資格は頂きましたが、それを本業に
している訳でもなく、時折ご存じの方に頼まれて
着付けさせて頂くぐらいです。

いつも練習をさぼってばかりですから、頼まれると
慌てるんですよ。

お引き受けした以上はできるだけ綺麗にお着付け
させて頂きたいと、久しぶりに比翼の芯にするべく
美濃紙で折ってみました。

ここでちょっと不安。。。
随分前に習ったので、この折り方が比翼でよかったのか
花嫁着付けの時だったのか、はたまたどちらでも
よかったのか・・・
そのへんの記憶が飛んでいるので、ご了解を・・・

まずは美濃紙を二枚重ねて、こんな風に折ります。
右側の二つの山がほぼ同じ大きさになるように。



右端約7センチ幅、左端約4センチ幅ぐらいで折ります。



あとはこの幅でくるくると折るだけです。



折れ線が付いたら一枚ずつにして、幅の狭い方を差し込み
ます。



あとは比翼に紙ごと大きくとじます。
比翼にしわが入らない様に引き気味で綴じておくと胸元が
きれいに出来ると思います。





CATEGORY: 着付け
| COMMENTS(8) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*
2010/09/24 (金)
ひと雨ごとに秋が深まるのでしょうか。
昨日は急に肌寒くなったので、夏物と秋、
冬物の入れ替えをしました。

今日は朝から畑へ・・・・今までは行くたび
汗ぐっしょりになっていたのに、今日は上着を
着ていても汗をかきませんでした。

昨日の雨で種や小さな芽が、流れているかも
しれないと思っていたのですが、大丈夫でした。

雨上がりに訪問客があったようで、この小さな
足あとは一体どんな動物でしょう。



こちらは先日余った大根の種を蒔いたのが順調に
育っています。




全滅した所の大根は、蒔き直してやっと二葉が
出た所です。

白菜は虫除けネットを掛けていても、見るも無残な
ほど穴だらけになっています。



回数を重ねるほど、野菜作りは難しいと実感します。
肥料や道具を買っていると、作るより買った方が
安い!と皆さん言われますし私もそう思います。

でも、この上手く出来るかなぁというワクワク感と
出来そこないでも収穫出来る喜び、自分が作った
物だからいとおしく美味しく感じられる・・・

それの繰り返しで懲りずに植えるんですよ。



CATEGORY: 日々の出来事
| COMMENTS(4) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*
2010/09/22 (水)
10月の半ばにお友達のお孫さんの結婚式です。
留袖+着付けと訪問着着付けを頼まれました。

長らく着付けさせて頂いていなくて、また花嫁の
お母さんは目立つから手慣れた方に・・・と
お断りしたのですが、是非にと頼まれましたので、
頑張って練習します。

お友達は色留袖を訪問着として着られるように
比翼無しでご自分でお仕立てされました。

とっても素敵な色留袖を比翼無しにするなんて
もったいな~いと思いましたが、着る機会の
多い方がいいですものね。

娘さんには、何度も着ている私の留袖でよければ
ということで、朝からどの帯が合うかなと置いて
見ていました。










50代前半の方なんですが、どの帯が一番いい
でしょう。




CATEGORY: 着付け
| COMMENTS(4) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*
2010/09/21 (火)
今年は神戸の下の子の7歳参りです。
お宮参りから始まって、この子が七五三の最後です。

神戸へ帰るまでに、一度当日の着物を合わせてみようと
あれこれ出していたらまるで泥棒にでも入られたほどの
散らかりよう・・・

本人はピンクの着物の方がいいなぁ。。。とつぶやいて
いたのですが、プールと運動会の練習で顔が真っ黒なので
ママに反対されていました。

そんな訳で赤い着物で裄が合っているかみて、腰揚げは
せず、お端折りで着せるつもりだったのですが、いかにも
きゃしゃで右へ左へと着物と同じようにつられていきます。

踏ん張っているのが無理なようなので、急きょ腰揚げを
しました。

今からだとそんなに急には背が高くなる事もないでしょうから。
足袋も草履も合わせ、これで孫の準備は出来ました。

次はママの着物の準備、頻繁に着物を着る訳ではないので、
いつも同じ着物です。

今回は、もう私には少し派手なような気がする訪問着を
着てみたら?ということになって・・・

ちょうど奈良の娘たちも来たので、一緒に帯や小物合わせに
参加してもらい、クリーム色の訪問着に唐織の袋帯に決定です。

帯締め、帯揚げは結婚して10年一度も日の目をみていない
箱入り娘がようやくお外に出してもらえます。

足の踏み場が無いほどの散らかしようで、慌てて片付け写真を
撮るのも忘れていました。

これは以前に写したものですが、この唐織の帯に決まりました。



この帯もようやくデビュー出来ます。
私は何を着ようかと・・・まだ何も決めていませんが・・・



CATEGORY: 着物日記
| COMMENTS(4) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*
2010/09/20 (月)
今年初めて種まきした風船蔓、当初はほとんど実が
付かない状態でがっかりでしたが、よそ様より
遅れましたが、ぶら下がってくれました。

まだ青い実もあるのですが、茶色くなった実から
種を採りました。

左側に写っているのが風船蔓の種です。



右側に写っているのは、お友達からプレゼントして
頂いた、ききょう咲きの朝顔の種です。


純白の朝顔、今朝は5輪咲いてくれました。
まだつぼみが出来ているので、いつまで咲いて
くれるのか、とっても楽しみです。



隣で咲いているこの花は、リュウエリアです。
紫色が綺麗で買ったものです。




CATEGORY: 日々の出来事
| COMMENTS(2) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*