FC2ブログ


2010/10/23 (土)
自分サイズの着物と違って肩幅が広い為、長襦袢の
振りが出過ぎて、最初の時は慌てて大うそつきを
作りました。

でもね、それも慣れないとわりと着にくいのです。
そこで一大決心をして、着物の寸法を直そうと
衿肩明きを解きました。



肩明きの部分だけ表と裏とに離して、そこから袖を
引っぱり出して袖付けを直すつもりでした。

でも、袖もミシンで細かく縫ってあるのを見て、あえなく
撃沈  諦めました。

元に戻している途中、お友達から電話で先日買った
ニットの生地でTシャツを縫ってくれるという・・・
一緒に遊びながら縫おうという提案で、裁縫道具を持って
遊びに行きました。

お友達は型紙なしで裁って、オーバーミシンでブーッと
縫ってくれました。



残りの生地で、孫たちのスカートも3枚縫ってくれました。
裾引きや口ぶせは特殊な技術ですね。
昔取った杵柄と言いながら、アッという間です。



お友達は和裁も洋裁も出来て、本当に頼りになる姉の
よう。ありがとう!

その間私はというと・・・着物を直すのは諦め、肌襦袢に
袖を縫いつけようと考え中。

肌襦袢はザバザバ洗濯したいけど、絹の袖はその都度取り外しも
面倒な気がして、ホックで付ける事にしました。

その方が色んなお袖を作って楽しめるし・・・





あいにく衣紋抜きの買い置きが無くて、家に帰ってから
衣紋抜きも作りました。



刺繍半衿も付けて、なんとか完成です。



あとは大丈夫かどうか・・・試着のみです。














スポンサーサイト



CATEGORY: 着物日記
| COMMENTS(4) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*