2012/09/30 (日)
ご家族で近畿地方へ旅行に来られている横浜のお友達が

奈良の石上神宮(いそのかみじんぐう)にも寄られると

お聞きしたので、主人も一緒に昨日お会いしてきました。

石上神宮の鳥居をくぐるとあちこちに尾長鶏がいます。






拝殿は国宝になっています。




よく神社にはお参りする頭上に大きな鈴があり、鳴らして

お参りしますが、ここ石上神宮には拝殿の中の榊に4個の

鈴がついています。

後ろにある金の御幣が光って見えにくいですが・・・

5角形の紙のすぐ下に2個は見えています。



この奥に本殿がありますが禁足地になっている為、柵の

隙間から覗くのみです。

ご夫婦とも素晴らしいカメラをお持ちで何枚も撮って頂いて

いる内、自分のカメラでツーショットで撮るのを忘れてしまい

一枚も無いという大失態です。

唯一suzuka様の着物姿を撮った一枚です。



ご自身のブログで顔を出されているからいいかしら・・と勝手に

載せて・・ダメなら連絡下さいね。

出発前に指を怪我されたのに私に合わせて着物を着て下さいました。


最近カメラの写りが悪いとお話していたら、設定を色々変えて

下さいました。

エッ、そんな所でどんな風に写っているか確認できるの?と全くの

機械音痴の私です。

よく組紐など小さな画面で撮って、まだ小さいサイズに加工するから

組目が分かりにくいそうです。

これでまた、組紐を撮るのが楽しみです。


ゆっくりお話をしながら石上神宮を参拝してすぐそばのカフェ・ドレープ

で少し遅めのランチです。

パン派ライス派に分かれましたが6人とも同じお料理、美味しく頂き

ました。

食事中時折小雨が降っていましたが、お店を出る頃には止んでいました。

この後は天理の変わった建物を観に行くとの事でここでお別れしました。

台風が日本縦断、通行止めに遭わなければいいけど、台風より早く

家路に着かれればいいけどと気になります。

ご無事で帰られます様に!

楽しい時間をご一緒させて頂きありがとうございました。



追記

suzuka様から石上神宮で撮って下さった写真を送って

頂きました。






着物は塩沢、帯は菊柄の名古屋帯です。











CATEGORY: 着物日記
| COMMENTS(4) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*
2012/09/28 (金)
きのうシックな感じで長尺の帯締めを・・・とお話が

ありました。

いま綾竹台には先日から組掛けた帯締めが途中で止まった

ままになっています。

この台はヘラを置いては綾が取れず、すべり落ちてしまいます。

ヘラより上に糸がある為、まったくヘラがおさわらないのです。

こんな感じです。




なので急に出来るかどうか分からないけれど、綾高台に

羽根を取り付けてみました。

試しに毛糸で引っ張ってみると、糸とヘラの高さ大丈夫そう・・・


シックな糸が少なくて、散々悩んでねこやなぎのような色に

ワインカラーのぼかしの配色をセットして組み始めました。

ヘラの上に糸がのっています。



この台でこんな風に出来るなんて今まで気が付きませんでした。
ミカ様の先日のコメントのお陰です。


組目はこんな感じです。

昨日組紐教室で組まれているのを見て、同じ組み方にしてみました。



明日はお友達と出会う予定なので、今日は頑張って組んでいます。





CATEGORY: 組紐
| COMMENTS(6) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*
2012/09/27 (木)
綾竹台で組むのは随分久しぶりだったので、

変な姿勢で組んだためか珍しく腰の凝り?

背中も筋違いが起きそうな変な感じ。

しばらくマッサージに行っていなかったので

ヤバイかも・・と全身マッサージをしてもらい

に行きました。

お陰で腰は治まりました。

肩コリは凝りすぎていて1回では無理かもね。

夜にはマッサージ機のお世話になってます。

組みたいけど、長引くと困るのでちょっと休憩を

する事に。

初めての組み方でコツが掴めず肩に力を入れ過ぎた

せいかも・・・

そういえば綾竹台で組むとよく肩を凝らしています。

相性が悪いのかしら・・・

まぁ、慌てず気長に組む事にします。



CATEGORY: 組紐
| COMMENTS(6) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*
2012/09/25 (火)
今年初めて育て方も分からないまま植えた生姜、

それでも少し収穫をする事が出来ました。

早速きのう塩漬けをして、今日のいいお天気に

天日干しもしました。

そして今夜下漬けをしました。



こちらは春に新生姜を買って家で漬けた紅生姜です。



食紅じゃなく母がよく漬けてくれた赤紫蘇の色に

漬かりました。

今回も2度漬けする予定です。

CATEGORY: 日々の出来事
| COMMENTS(6) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*
2012/09/24 (月)
少し前に植えた苗を先日見に行きました。

何とか生え付いてくれていてちょっと安心です。

でも、白菜はネットをしていても虫さんにいっぱい

穴をあけられています。

デジカメを持って行かなくて携帯で撮りました。

撮ってはきたものの、しばらくしなかったらすっかり

やり方を忘れています。

メモを見ながら携帯からPCへ何とか保存できました。

なにも画像があっても無くてもいいようなものですが、

これも練習だと思いしてみました。

こちらブロッコリー




白菜




大根



まだまだ植えたいものはあるのですが、年齢と共に

二人三脚でぼちぼちの状態です。

CATEGORY: 日々の出来事
| COMMENTS(4) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*
2012/09/22 (土)
新しく教えて頂いた大和松の葉組の糸の準備が

出来ました。



地糸はこげ茶色で色糸を淡いオレンジ色にしました。

本当はもっと濃いオレンジ色にしたかったんだけど・・

でも、これもいいかも・・・


全体に撚りを掛けて組み始めました。

<br />

撚り加減で随分差が出てしまいます。

でも、何とか教えて頂いた組目になりました。

ちょっと不安だった事もお聞きしたら合っているとの事

なので、少しずつ組んでいきます。


ところで京都の教室の綾竹台で組んだ折にはヘラを

挟んだまま綾を取れるのに私の綾竹台では挟んでも

綾を取るどころか、すべり落ちてしまいます。

流派によって台も様々だと改めて感じました。



CATEGORY: 組紐
| COMMENTS(6) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*
2012/09/21 (金)
何年も前、組紐の台を頂いた折に一緒に入っていた

この板は、何に使うものだろうと思っていましたが、

誰に聞く事も無く年月だけが過ぎていました。



ところが前回京都でお友達と組紐をしている時、

チラッと聞いて是非とも教えてほしいとお願いして、

昨日この板を使っての組み方を教えて頂きました。

板まで持って来て教えて下さった ほわすの様

ありがとうございました。


説明を聞いただけではとても理解できなくて、綾竹台に

糸を掛けて実演して頂きました。

ヘェ~こういう使い方するものだったんだと初めて

知りました。

流派が違うとやり方も組名も違いますから、昨日も

綾竹組、綾竹解きって?とお聞きしたら、駿河組と

鎌倉組の事だと教えてもらいました。


綾竹台で組む事は少なくて、果たしてできるかどうか

分かりませんが、糸の準備を始めて練習したいと思って

います。



CATEGORY: 組紐
| COMMENTS(4) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*
2012/09/20 (木)
今年作った紫蘇ジュース、とうとう飲み終わったので、

もう一度紫蘇ジュースを作ります。

畑で葉っぱをちぎるのは暑くて面倒だったので、枝ごと

切って持って帰りました。



赤紫蘇、青紫蘇まぜこぜです。

葉をちぎり綺麗に洗いました。所々軸も付いているので

これで400gです。



2ℓのお水を沸騰させ、紫蘇を入れ15分ほどコトコト

煮出します。

紫蘇を引きあげお砂糖1キロ投入して、煮溶かしたら

クエン酸を25g入れます。

これで鮮やかな色に変わります。

あとは自然にさましペーパーなどで漉したら完成です。

これは原液なので、好きな濃さにうすめて飲みます。





そして、紫蘇の実を佃煮にしようと準備しましたが・・・



まだ若かったのかプチプチとした歯ごたえがまったく無く

ガッカリ!真っ黒でなんじゃこりゃ・・っていう感じ。

母がしてくれたようには出来ませんでした。





CATEGORY: 日々の出来事
| COMMENTS(8) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*
2012/09/19 (水)
昨日はほぼ一日雨、のんびり組紐の本を見て次は

何を組もうかなぁ・・・と

なかなか決まらず、今度は高台組紐の動画を見て勉強を。

手さばき鮮やかでリズミカル、綾が頭に入っているから

あんな風に出来るのでしょうね。

打ち込みは人それぞれのようです。

じ~っと見ていて、ひょっとしたらと気が付いた事が

あります。(自分の勝手な思い込みかもしれませんが)


いつも最初の柄だしで下の糸を上に置いたり上の糸を下に

置いたりすると、組目がゆるくなってしまうのが気になって

仕方がなかったのですが、これって次の綾を取るのにエ~ッと

と考えながらして時間が掛かるので、打ち込んだ糸が緩んで

しまうのかも・・・と。

プロの方は手が綾を覚えているというか、感覚でわかるほど

組まれているから、打ち込んだ糸が緩む間なく次の打ち込み

されるから、ゆるまず綺麗な組目になるのでは・・・と

なんでも体が覚え込むまでって奥が深くて時間の掛かる

ものなんですね。








CATEGORY: 組紐
| COMMENTS(0) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*
2012/09/18 (火)
少し前、知り合いの方に9月17日は2月堂で

踊るのとお聞きしました。

二月堂はお水取りで有名ですが、盆踊りがある

なんて初めて知りました。

それにしても42年も奈良に住んでいて一度も

二月堂まで行った事がありません。

そんな話をしていたら孫たちも行きた~い・・・て。

夕方から雨予報だからダメかもしれないよと言いながら

車で走っていると大きな虹が!



東大寺の参道を歩いていると鹿さんを見つけて・・・

でも、すぐ逃げられた。



夕暮れの大仏殿



この池に沿って右の方へ・・・

少し登り坂をトコトコと歩きます。

到着した頃はまだこんな風でした。



盆踊りが始まるまでに二月堂にお参りを・・・

参道横には300基前後の願い事や絵を描いた灯籠が

並んでいました。



やっとご縁が頂けて、二月堂にお参りする事が叶いました。



そうこうしている内に、十七夜盆踊りが始まりました。

櫓の上で河内音頭や江州音頭、生歌でした。

どんどん人が増え、踊りの輪も大きくなっていきました。



孫たちは綿菓子やポップコーンを食べ、行きた~いと

言っていた盆踊りが見られて楽しかったようです。

次の日が学校だからと早々に切り上げて送って行きました。



CATEGORY: 日々の出来事
| COMMENTS(4) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*