2013/09/30 (月)
さんざん、どの柄にと迷って組み始めたのがひと月前です。

それから体調がいまいちだったりで、気が向いた時に

ほんの少しだけ組む程度で、9月は本当に根が続きませんでした。


今日で9月もおしまい、何とかしなくっちゃ・・・と

朝からエンジンを掛けて組んでいました。

玉糸との結び目がようやく台の上にくるようになりました。



いつもならここでまた明日にするのですが、頑張って今日中に

組んでしまおうと思います。


CATEGORY: 組紐
| COMMENTS(4) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*
2013/09/28 (土)
今日は奈良の孫たちが来てお芋掘りをしました。

やはり紅あずまと安納芋の2種類を買って植えたようです。

紅あずまの方はちょっと大きめが2個採れましたが、最初の所だけで、

本当にぬか喜びでした。

安納芋はマルチをしていたので水不足でも何とか助かって、全部で

これだけ収穫できました。



10日ほど雨が降っていない所に結構深い所に出来ているので

土が固くて、掘り起こすのが大変でした。

まともに掘れたのが少なくて、ほとんど傷だらけです。

途中で切れたお芋は痛まない内に帰ってからふかしイモにしました。

安納芋もっちりして美味しいです。







CATEGORY: 日々の出来事
| COMMENTS(4) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*
2013/09/27 (金)
今日は以前から誘って頂いていた、奈良佐保短期大学内の

鹿野園へお友達三人で行ってきました。

予約時間より早く着きましたが、次々車が入ってきて

前もって予約をして頂いていたので正解でした。




メインのお料理を選べば、あとはバイキング形式です。

お昼は1時からでしたがお話しながらゆっくり食べられ

居心地のいいところです。お料理も少しずつ色々頂きました。

リーズナブルなのに、どれも美味しかったです。

それにしても皆さん美味しい所はよくご存じです。

天高く馬こゆる秋・・・あぁ、また太ったかもです。







CATEGORY: 日々の出来事
| COMMENTS(4) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*
2013/09/26 (木)
台風18号以来、晴天続きで暑い毎日ですが、今日は

風があって暑さもましです。

朝から水やりに行って、もうそろそろいい頃かなと

二人掛かりで屋根の上のミニ冬瓜を下ろしました。



冬瓜の好きな親戚や友達にと主人が配りに行っています。

今日はサツマイモの試し掘りもしました。



焼き芋に出来るぐらいの大きさになっていました。

サツマイモの苗を買った品種を忘れてしまって、安納芋

だったか紅あずまだったか、それとも二種類買ったのか

思い出せません。

来月は運動会だし、孫たちはお芋掘りどうするんでしょう・・・



CATEGORY: 日々の出来事
| COMMENTS(4) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*
2013/09/25 (水)
いつも何かしら煮物のある家庭で育ったせいか

煮物は大好きです。

母が作ってくれた紫蘇の実の佃煮、お芋の茎の佃煮も

里芋のずいきの酢の物もその時期に採れるものが、食卓に

は必ず並んでいました。

食べざかりの5人の子供のお腹を満たそうと、ほとんど

台所で食べる拵えをしていたように思います。

美味しいと言って食べると本当に嬉しそうな顔をしていました。

美味しく食べてもらいたいと思いながら作るのですから、

それが一番嬉しい事なんですね。

今日は珍しくひとりのお昼、昨日の佃煮とかぼちゃスープで

食べました。

自分で美味しいと言いながら・・・

こういうのを作っておくとホント楽ちんです。

 










CATEGORY: 日々の出来事
| COMMENTS(6) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*
2013/09/24 (火)
朝からジャングルの様に茂っていた紫蘇の実を収穫

してきました。

少しぐらいでは炊いたらぺちゃっとなりますから、

頑張って採ってきました。

でもその後、軸から実だけ外すのが大変で・・・

床に新聞紙を敷いて座り込んで、指先真っ黒にしながら

頑張りました。



そして、もうひとつはサツマイモの茎、蕗の様な独特の

香りはないけれど癖が無くて美味しいのです。

こちらも皮付きのまま、さっと茹でて蕗を炊くのと同じ様に

佃煮にします。




下準備が出来たので、汐ふき昆布を買ってきて、後はコトコト

煮るだけです。

面倒だなと思いながらも、やはり食べたければ自分でしなければ

で、こういう事をする度に母の事を思い出します。

CATEGORY: 日々の出来事
| COMMENTS(4) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*
2013/09/23 (月)
昨日の続きです。

無双袖が縫えたら、身頃の中に入れる。



写真は、手前から見頃の裏、表、袖の表、裏の順です。


袖付けの留めの仕方

糸は2本取り、胴裏の切れはしで力布にする。

袖の表側、袖付けの所に針を出します。

次に、見頃の表と裏を一緒にすくいます。

次は、袖裏側を縦にすくいます。(肩方向に)

今度は身頃の裏と表一緒にすくい、最初の袖表の横に針を出し、

糸が動くか確認をして結ぶ。

両方の留めが出来たら、身頃側をへらを頭にして折り、袖付けを

縫う。



表身頃と袖表、胴裏と袖裏が付いた状態です。




両方縫ったら身頃の縫い目同士合わせ待ち針を打って

その外側を大針小針でとじをしておく。


縫い終わったら、お袖が身頃の上にのっている形になります。




袖底のぐし縫いの残りもしておきます。

手身近にあった布でしたので分かりにくいかもしれませんが、

身頃の裏と書いているのは胴裏です。

私がしている方法ですが、ややこしい説明ですみません。






CATEGORY: 着物日記
| COMMENTS(6) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*
2013/09/22 (日)
最近きものを着るのも縫う事からも遠ざかっています。

着物、組紐のブログからどんどん違う方向へ・・・です。

そんな今日、無双袖のお直しのお問い合わせがありました。

自分の物を縫う位で人様にお教え出来るようなものでは

ありませんが、文章でお伝えするというのは本当に難しい

ものです。

自分自身も長らく遠ざかっているので、あやふやだったりで、

お陰さまで久しぶりに裁縫のノートを見ました。

いつもの適当な書き方なので、もう一度ミニチュアを作りながら

書きました。

図がある方が分かりやすいかなと勝手な思い込みですが・・・





ヘラも寸法も計らず適当な縫い方ですが、こんな感じに

なります。



あくまでお友達に教えてもらって、いつの間にかアレンジ

している部分があるかもしれません。




CATEGORY: 着物日記
| COMMENTS(6) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*
2013/09/21 (土)
少し前に、どでかいかぼちゃを頂きました。

冷蔵庫に入れるにもそんなに場所が確保できません。

ちょうど孫たちが来ると言うので、かぼちゃコロッケを

作る事にしました。

蒸し器でふかします。これだけで半分の量なんですよ。



蒸し上がったので皮をむきました。



そして潰して・・・



量が多すぎるので、スープ用に少し残します。

そして、玉ねぎを炒めミンチ肉も炒めて、塩コショウや

ケチャップ、ソースなどで適当に味付けしました。



荒熱がとれなければ熱くて丸められません。

ここまでしておけば、中身は火が通っているので衣を

付けて揚げるだけです。

CATEGORY: 日々の出来事
| COMMENTS(6) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*
2013/09/19 (木)
産直のお店で国産のオレンジを見つけました。

8個も入って350円だったのです。



このオレンジを見たとたん、酵素!と思いました。

ワックスが掛けてある様子もなく、見栄えは悪いですが、

その分安心できます。

お砂糖がちょうど1キロ必要なだけ、オレンジで調整して

昨晩遅くに仕込みました。



朝からかき混ぜました。



これからしばらくは、おいしくな~れと朝晩かき混ぜます。

CATEGORY: 日々の出来事
| COMMENTS(4) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*