2016/11/30 (水)
何の種類かも分らずに種から育った柑橘、接ぎ木もせず

そのままでした。

ようやく実が生ってきたら、こんなに大きなミカンだった?と

不思議に思うぐらいです。

根元がポコッと出ているのがあるのでひょっとしたらデコポンかも?

と淡い期待。 甘くて美味しかったという記憶だけが頼りです。

7個という数だから大きいのかもしれませんが、ほんの少し

黄色くなってきました。



よく見たら一個だけ木に挟まれてあっちにポコ、こっちにポコと

変形しています。

可哀想な事をしてしまったわ。

CATEGORY: 日々の出来事
| COMMENTS(0) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*
2016/11/29 (火)
寝違いで鍼灸してもらってまだ十分に治りきってない内に

ワンちゃんに勢いよく引っ張られて 痛っ!

そのせいかどうか分りませんが、肩の筋がまだ引っ張られて

いる感じです。

今日は鍼と吸い玉 両方してもらいました。

5日後にもう一度・・・

それまでに治まるといいのですが・・・

無理して50肩のようになったら困るので最近高台の練習は

していません。

頭も凝ってますね~って・・・  えへっ

何度読んでもあっ、なんだったっけという状態でも活字を見て

いるから頭も凝るんですね~  

うんうん、と納得です。









CATEGORY: 日々の出来事
| COMMENTS(2) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*
2016/11/27 (日)
小さいお子さんがおられるので最近ちょっとご無沙汰の

お友達のお家で組紐の勉強会。

三人寄れば文殊の知恵じゃないけれど、あれってどういう事?や

聞きたいことを言うと誰かが答えを出してくれたり、一緒に

考えてくれるのです。

それぞれ流派が違うので組み方も少しずつ変わっていたり・・・

今日も組んでもらったのをビデオで撮りました。

またゆっくり見ながら組んでみたいと思っています。(希望)

私で分ることならと言ってくれるお友達に恵まれたことは

この上ない幸せなことです。

会うたびに一つ二つと新しい事を覚えられ、また新しい???が

芽生え、少しずつ前進です。

そんな今日のお昼はサンドイッチ



こういうデリバリーがあるっていいですね~

美味しかったです。

CATEGORY: 組紐
| COMMENTS(0) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*
2016/11/26 (土)
お風呂掃除をしていてちょっと管の中も洗っておこうと

ネジを外しました。

こんなに長いネジなの?と初めてなのでビックリ!

ネジは外したけれど結局他が外れず掃除は断念。

ところがネジを戻そうとしたら全然反応が無い・・・

エッ、エッどうしよう

慌ててガス屋さんに電話、ちょうど担当の方が近くに

来られていて見に来てくれました。

外したときカタンと音がしました?と聞かれても聞こえ

なかったし・・・向こう側の部品が落ちたのかもって・・・

掃除をするのに外すのは下の方だったんだって・・・

タイルも壁も穴を空けなきゃいけないのかとドキドキ。

「大丈夫、部品交換でいけますよ」と聞いてホッとしました。

部品を取りに戻って夕方までに直してもらえて大ごとに

ならずに幸いでした。







CATEGORY: 日々の出来事
| COMMENTS(0) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*
2016/11/24 (木)
なにをした訳では無いけれど起きる前から首が変、

どうやら寝違いのようです。

どんな寝方をしてたんでしょう・・・

一瞬、若い頃に難儀したことを思い出しました。

今日は何もせず、じ~っとおとなしくして様子をみます。

治まらないようなら鍼灸に行こうと思います。




関係ない写真ですが、先日スーパーで柔らかいキャベツが

出ていました。

このキャベツを見るとキャベツ農家さんがテレビでしておられたこの

鶏とキャベツのすき焼き鍋?が食べたくなります。

我が家用にアレンジしていますが、味付けは手抜きでも

二人で食べてしまう美味しさです。



蓋が閉まらないほどキャベツを入れても煮込むとぺちゃんと

なって、お野菜が沢山食べられます。











CATEGORY: 日々の出来事
| COMMENTS(4) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*
2016/11/23 (水)
組紐を何年していても組図を見ながら組むので、組み方を

覚えるというのが大変です。

色んな組み方があって、手順も簡単なのから複雑なのまで

多種多様です。

前回の時、丸台は前日に5種類の組み方を聞いて当日その中から

言われた3種類を組むという事でした。

夜に必死で4種類まで組み方を覚えましたが、最後の1種類を

覚えようと思ったら、覚えた4種類が消えて忘れそうなので、結局

1種類覚えることも練習もしませんでした。

そしたらそれが試験の中に入っていました。

あまりのショックで頭が真っ白、それ以来試験は諦めたのですが、

お友達に勧められどういう訳か今年受けてみる気になりました。

詳細はまだ分らないですが、結果はダメでも同じ所でつまずくのは

出来る事なら避けたいと、組図を見ないで組む練習です。



まったく違う組み方が出たら、やっぱりお手上げですけど・・・

高台も練習しなきゃ・・・体がいくつも欲しい!











CATEGORY: 組紐
| COMMENTS(2) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*
2016/11/22 (火)
同じように植えても生長速度は様々です。

全体に黄色い葉っぱになった黒豆を二株抜いてみました。

カラカラと音がするぐらいまで干しておくらしいのです。

その中のひとつの莢を開けてみたら以前見たような紫色です。

あらっ、失敗?早すぎたかなぁ・・・二株だけにしてよかった~と

思いました。

何日目だったか忘れましたが、莢を開けて置いていた黒豆が

真っ黒で固くなっていました。



それならと、ベランダでぶら下げて乾かしている黒豆はどうかなと

見ると、色はまだ紫色で、豆全体に少し固くなっているようです。

乾燥したのとまだなのとの差、こんなに縮むんですね。



黒い方のは上の写真の黒豆です。


咳止めに効くという冬瓜の種、良い具合に乾燥できました。

咳の時、どれ位の量を煎じたらいいのか分らないのが

残念なんですが・・・




菊芋も試しに、適当な大きさに切って塩漬けして水が上がったのを

水切りして赤梅酢に漬けてみました。

わりと早く赤く染まり、ショウガのようにヒリッとしないけどコリコリ

して美味しいです。



その内に粕漬けもしてみたいんだけど・・・しばらくは無理かも。












CATEGORY: 日々の出来事
| COMMENTS(2) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*
2016/11/21 (月)
以前一回目に参加したメンバー三人と 遠くからなので前泊

されていたもう一人の四人で二日間伊賀の廣澤徳三郎工房で

高台の組み方ノウハウを教えて頂きました。

秘伝・口伝の技術を教えて頂けるのは組紐・組物学会の

会員になったならこそ、こういう機会に恵まれたのだと思います。

心配なのは普段一日高台に座って組むということがないので

長時間大丈夫だろうかと思っていましたが、注意されたことを

直すのに集中していたらアッという間に時間が過ぎました。


昨日持ち帰った途中まで組んだ糸を朝から高台にのせました。



途中から一枚物の練習をさせてもらったので、球数が少ないので

載せ替えも早く出来ました。

こうしておけば検定まで時々でも打ち込みの練習が出来ます。



それにしても温泉付きの泊まるホテルの段取りまでして頂いて、

まるで修学旅行みたい・・・

夜は美味しい伊賀牛も食べられましたし 幸せ。

みんな少しは飲めるのですが、アルコールはやめて三人で遅くまで

お勉強会。  随分早くから予約して行くことになっていましたが、

楽しい二日間アッという間に過ぎました。

三回目、四回目と行かれるのよくわかります。

次回も出してもらえるように今からゴマすり・・・ですね。


余韻に浸っている場合ではありません。

これから検定まで実技か学科、どちらかだけでも受かるようにボケ掛けの

頭にむち打って、頑張りましょう。




CATEGORY: 組紐
| COMMENTS(2) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*
2016/11/20 (日)
組紐も時々組んでいるだけですが、いつの間にか

糸の在庫も減ってきました。

何かを組むからという予定では無いのですが、少なく

なるとちょっと心さみしいので少しだけ買い足しました。



今回はこんな風に高台2枚ものが組めるセットになった

糸も・・・  きれいでしょう。



綺麗な絹糸を見ているだけで癒やされて幸せな嬉しい

気持ちになります。






CATEGORY: 組紐
| COMMENTS(4) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*
2016/11/18 (金)
昨日は京都で組紐、明日あさっては伊賀で組紐、頻繁に

出して貰うので家に居るときは頑張らなくては・・・

午前中は主人に合わせてお買い物、午後はお天気続き

なので畑へ水やり。

最近日暮れが早いのでモタモタしているとすぐ暗くなります。

おかしな癖で私は 小さい子供のように土の中に出来ている

のが気になって、早く見たくてこの間からうずうずしていたの

です。

とうとう我慢できずに小芋を掘り起こしました。

あの忘れ形見のたったひとつの小芋です。

八年前植えたときにはあまり生らなくて、水やりも大変で

それ以後植えませんでした。

それなのに残っていた小芋から八年経って芽が出るとは・・・

掘り起こしてみたらこんな風に思いの外 付いています。



わざわざ植えたときより優秀です。

持ち帰って外してみたらこれだけありました。



なんでやねん・・・と嬉しい反面 複雑な気持ちです。



CATEGORY: 日々の出来事
| COMMENTS(0) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*