FC2ブログ


2008/04/22 (火)
母の葬儀の時、喪の帯があまりにも堅くて結びづらかった
ので、もうめったに使う事も無いと思いながら、作り帯に
しました。

たまたま、姉がお寺へ色無地を着て行く時に私の喪の作り帯を
貸しました。
その帯を見て同じ様にしてほしいと頼まれていましたが、昨日
ようやく姉の喪の名古屋帯を作り帯にしました。

お太鼓部分をたれ先から約1m15cmぐらいで切りました。
次に手先部分を手先から約48cmで切りました。
あとは胴に巻く部分、約1m67cm残りました。



お太鼓の切ったところ、1cmぐらい中の芯を切って折り返し
細かくかがりました。
帯幅の中心にプラパーツの中心がくるように挟み込み、帯と
プラパーツをしっかり付けます。



プラパーツの横にタックをとっておきます。
この状態で、手先をたれ先から9cmほどあがったところに
しっかりと付けました。

あとは、好みのお太鼓の大きさ、たれ先の長さを決めて、
形作りとじておきます。
裏から見たらこんな感じになっています。



これで、お太鼓部分は出来上がりました。
表側はこんな形です。



胴に巻く部分は両端切ってあるので、これも芯を1cmぐらい
切り取って、折り返し、紐を中に挟み込み細かくかがりました。

紐の挟む位置は上でも下でもどちらでもいいと思います。
この場合は下の輪の方に紐を挟みました。



ヤッタ~完成です。

CATEGORY: 組紐
| COMMENTS(0) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*










管理者にだけ表示を許可する