2010/07/06 (火)
先日お風呂上がりに浴衣を着た時、さっと着られるように
子供の頃に着た寝巻のようにすれば便利では?と思いました。

浴衣を羽織って、丈の長い分だけ背縫いの所で外に折り返し
主人に待ち針で留めてもらいました。

こればっかりは自分で出来ませんから・・・
折り返した部分の寸法を計ったら24㎝ありました。

お端折りをしているように見える位置を考えて、繰り越し分を
つまんでいる所から24㎝の半分12㎝で待ち針を打ち、
待ち針の所で折り返し、輪にして12㎝のところで大針小針で
腰揚げをしました。

ついでに、以前何かに使うつもりで半分に切っていた腰紐を
付けました。
超手抜きですが、こうしておけば一式準備しなくてもお風呂上がりに
さっと着れて楽ちんです。



暑い時は腰紐一本でもはぶきたいって思ってしまうんですよ。
精神修養が足りませんから・・・

こんな風に腰揚げをして着てみると、子供の頃のネルの寝巻を
思い出します。この歳で腰揚げするなんて・・・ね。

家の中では、くつろいで着られるのが一番です。


CATEGORY: 着物日記
| COMMENTS(4) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*










管理者にだけ表示を許可する