2010/08/29 (日)
今回は「組紐の歴史」でした。
帯締めはいつから組紐になったのか・・・

明治9年廃刀令により、刀の下げ緒の需要が無くなった為、
窮余の策として帯締めや羽織紐に活かす事で、時代の
波を乗り越えたそうです。

授業というと固苦しい感じに思いますが、スライドを
見ながらなので、勉強苦手な私でも大丈夫です。

ただ、頭に入ったかどうかは別にして・・ですが。

今回、ビデオで職人さんが組紐を組まれているところを見せて
いただき、今迄知らなかったコツのようなものが、少し
見えたような気がします。

最後に8色16玉で丸源氏組を組み、展開図の色を
塗りました。





ワークショップで内記組を台から下ろして持って帰った
けれど、もう一度台に乗せられるかどうか・・・
ぐちゃぐちゃになっているのです。(悲しい)


大学の構内で、私よりはるかにご高齢?の方お二人に
お出会いしました。

「組紐ですか」と聞かれたので「ハイ」と答えると「新聞を
見て初めて来たのでよかった着いて行きます」と・・・

うわぁ、エライなぁ
私も歳だからなんて言ってられない、 習いたい事知りたい事は
いくつになっても行動しなければいけないと、無言で教えられた
気がしました。




CATEGORY: 組紐
| COMMENTS(2) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*










管理者にだけ表示を許可する