2010/09/14 (火)
いつも用事があったり、体調が悪かったりで、お休み
ばかりしているデザイナー会にきょうは出掛けます。

お恥ずかしいお話なんですが・・・

先日若かりし頃の袋名古屋帯を入れていた同じ箱に、
夏の着物も入っていました。

一度ぐらいは着たような気もするんですが、ほとんど
記憶が無い・・・

広げてみるとナント、ナント後袖に何十年ものの大きな
シミがついていました。

一体何のシミなのかも分かりません。




若い頃なので、丁寧に扱わず大雑把な事をしていたんですね。
きちっと洗って直しておけばこんな事にはならなかった
だろうに・・・

このまま処分するには何だか申し訳ない気がして、ダメ元で
洗濯することにしました。

色柄ものに使える漂白剤を浸けてトントンしてみましたが
一向に消えません。

今度は、普通の漂白剤を薄めてブラシでゴシゴシ・・・と
何十年も前のシミはやっぱり無理!と思いかけた頃、何だか
シミが薄くなっている♪

柄も消えるかもしれないとは思っていましたが、かろうじて
残っていました。



茶シミが取れたから、気持ちスッキリです。

CATEGORY: 着物日記
| COMMENTS(2) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*










管理者にだけ表示を許可する