2012/02/05 (日)
今回のこの生地は電気コテでへらをしても見えにくい

ので、待ち針を打って縫うまでにもう一度ヘラをする

という二重手間でした。

生地のせいじゃなく目が悪くなっているのかもしれませんが・・・

袖付けをしました。

身頃の方を折って縫っています。

 

お袖の綴じをしている途中でアクシデントが・・・

結婚する時に持ってきた、くけ台のけんちょう器がバキッという

音と共に壊れてしまいました。

40年以上、よく働いてくれてありがとう。

けんちょう器だけ買いに行くのも面倒で、代理をしてもらいました。

 

いよいよ衿付け、たぶらし加減が難しい・・・

裏地側に付けて、表地の方でくけます。

運針せずひと針ずつ縫わないといけないそうで、衿付け次第で

衿がたってしまうようです。

 

なが~い衿も付いて、長羽織やっと完成です。



ちなみに、肩裏はこんな柄です。







CATEGORY: 着物日記
| COMMENTS(8) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*










管理者にだけ表示を許可する