2012/05/04 (金)
今年も実家の姉が、お祭りにおいでと呼んで
くれました。

歳と共に年々人寄りごとは大儀だろうに声を
掛けてくれるのは有難い事です。

田舎へ行くまでに途中鎌掛の藤の寺<正法寺>へ
寄り道しました。

地元の方が守っておられるそうで、保全協力金が
200円必要です。

昨年はまだ咲いていなかったのですが、今年は
まだ短いものの藤の花咲いていました。



子供の頃に見た時にはもっと長く垂れ下がって
いたのですが、その頃よりは短くなっているそうです。
まだ蕾の部分が多いですから、満開になったらもう少し
伸びるかも・・・



正法寺のそばには、日野ダリア園もあり見たいのですが、
予定がありグッと我慢。

続きにちょうど見頃の天然記念物のほんしゃくなげ群落の
しゃくなげ渓も何十年振りかで見に行きました。

駐車場に車を止めて、保全協力金400円払って少し歩くと
開花時期のみ無料バスが出ていて乗れます。
バスを降りてからも歩きますが、森林浴と新緑のきれいな
景色を見ながら上ります。

くたびれてきた頃ちょうど目の前にしゃくなげが見えました。



上手く撮れていないのが残念ですが、とっても綺麗でした。
景色のいい所でお弁当持ちでまた来たい所です。



のんびり散策する時間も無く慌ただしく見たというだけの
寄り道でしたが、思い切って見に行ってよかったです。
このあと実家へと急ぎました。


CATEGORY: 日々の出来事
| COMMENTS(0) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*










管理者にだけ表示を許可する