2012/10/27 (土)
久しぶりにする名古屋帯仕立て、なんだか段取りが

悪いし、あらっどうだった?と思う事がしばしば。

寸法はいつものように現物の締めやすい帯の長さを

計ります。

お太鼓を縫って6寸ほど開けて胴に巻く部分を続きに

縫ったか、お太鼓に芯を入れ仕上げてから胴部分を

縫ったかの記憶が飛んでしまっている。

本当に記憶力乏しくて忘れるのの激しい事・・・

結局どちらが正しいかわかりませんが、お太鼓を仕上げて

から胴部分を縫ってみました。

こちらはお太鼓部分の縫い代を帯芯で挟む形で付けています。



もう片方も同じように・・・



胴の部分はお太鼓側を右にして手前にきせを掛けるというのは

覚えていましたが、以前芯がねじれた事があったのでこれで

合っているかなと考えながらしていたら写真を撮るのを

すっかり忘れています。

それでも何とか完成しました。





CATEGORY: 着物日記
| COMMENTS(8) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*










管理者にだけ表示を許可する