2013/02/15 (金)
先日京都工芸繊維大学での多田先生のレクチャーで、

二人で組むクテ打ちの唐組を習いましたがややこしい

所は考えましょうという事で時間内に出来ず、スッキリ

しないままでした。

きのう京都へ行くのに先日途中で止まったままの毛糸を

持って行き、ミカ様と初めから一緒に組み直しました。

この糸はこっち?

これは外?

イヤイヤ違うみたい

二人でねじって中通して渡す、内側に置く?そと側?・・・

あれこれ言いながら、いつの間にやらヤッター出来ているみたい、

私たち凄くないとテンションも上がります。



二人組で組むクテ打ちは初めてで、苦手分野だけに出来た

事に、やればできるやんスッキリしたねと嬉しさいっぱいでした。

CATEGORY: 組紐
| COMMENTS(8) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*










管理者にだけ表示を許可する