2013/11/26 (火)
この連休は穏やかないいお天気だったので、とりあえず

10枚虫干し出来ました。




本当はもっと干したいけれど衣紋掛けが足りないのと

西向きの部屋なので午後の暖かくなってから始めるので・・・

和ダンスは泥棒にでも入られたほど引き出しを段々に開けて

おきます。

こうして吊っているとまん中の1枚の裏がひどくたぶっています。




まだ自分で縫えない時に他で縫ってもらったものです。

紺色を除いて3枚は自分で縫ったものです。

それもお友達から「自分の着物ぐらい自分で縫い!」と言われ

て、「袷は裏に袋が入るから無理!」と言っていたのですが、

「お母ちゃんに教えてもらった仕方だと裏はたぶらないよ」・・と

それで教えてもらうようになり、そのやり方でヘラをすると本当に

たぶらずに出来ました。



それからは自分の小紋や娘たちの小紋など柄合わせを気に

せずに裁てるものから順に縫ってきました。

頻繁に縫う訳じゃないので、次に縫う時にはノートを見ながら

しか出来ませんが、お友達のお陰で仕立て代が随分助かりました。

着物の仕立てはヘラの仕方やちょっとしたコツが大事なんだと

本当に実感しました。

年輩のお友達にはずっと感謝です。







CATEGORY: 着物日記
| COMMENTS(6) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*










管理者にだけ表示を許可する