2015/02/13 (金)
いつもの京都工芸繊維大学でのワークショップは岡本先生の

筒状唐組でした。

唐組はワークショップで何度も習っているんですが、筒状は

初めてです。

初めて習った一菱の唐組の時、理解出来ず悪戦苦闘しました。

それ以来 苦手意識があるのか普段はほとんど唐組を組まないので

上達するどころか忘れてしまっています。

苦手なんだけどどうして筒状になるんだろうと気になって・・・

矛盾しているんですが教えて頂きました。

糸の準備をして綾をとり始めました。



順番に組んでいくと筒状になっていきます。



なんとな~く分かったかなぁという所で中断して次の組み方の

糸準備をして、組み始めました。



私はこの組み方は初めてなので何処から組み始めてどの順番

なのかも分かりませんが、周りの方はさくさくと組んで形にして

いかれるのに驚きでした。

悲しいかな形になるところまでもいかないまま終了です。

いつの日か完成するんでしょうか。

それともこのまま忘れたふりをして押し入れの片隅に追いやられる

のでしょうか。

本当なら上段左端や下段中央のような携帯電話が入るこんな素敵な

袋になるはずなんですが・・・



今日の京都もさすが北の方は時折雪が舞いました。

積雪にならずよかった・・と思っていたのですが、最寄り駅に

降り立つと雪景色ですよ。

駅前に駐車している車は雪が積もって凍っています。

エンジンを掛けて雪が融けるまで待ちました。

道に雪が積もっていなかったのが幸いでした。



CATEGORY: 組紐
| COMMENTS(2) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*










管理者にだけ表示を許可する