2016/08/05 (金)
ご縁があって4月、京都のワークショップで鼻緒のことを聞かせて

頂く機会がありました。

リバーシブルの丸台で組む小桜組はまだ京都の教室で組み掛けです。

そして、お友達が組まれたのを見せて頂いて組みたいと思った綾竹台で

組む幾何学模様は組み上がりました。

4月に組んでみたいのが増えてどれから組み始めよう・・・と思って

いた鼻緒が一番後回しになりましたが、ようやく組み上がりました。



おおよその長さの印を入れずに組んだので、出来るだけ長くと

組んだら175㎝ありました。

とりあえず鼻緒の加工に出さないといけないのですが、どんな感じに

なるのかなぁと鼻緒の上に重ねてみました。



う~ん、ちょっと派手すぎた?・・・もう一本違う配色で組んでみようかな~














CATEGORY: 組紐
| COMMENTS(0) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*










管理者にだけ表示を許可する