2016/11/21 (月)
以前一回目に参加したメンバー三人と 遠くからなので前泊

されていたもう一人の四人で二日間伊賀の廣澤徳三郎工房で

高台の組み方ノウハウを教えて頂きました。

秘伝・口伝の技術を教えて頂けるのは組紐・組物学会の

会員になったならこそ、こういう機会に恵まれたのだと思います。

心配なのは普段一日高台に座って組むということがないので

長時間大丈夫だろうかと思っていましたが、注意されたことを

直すのに集中していたらアッという間に時間が過ぎました。


昨日持ち帰った途中まで組んだ糸を朝から高台にのせました。



途中から一枚物の練習をさせてもらったので、球数が少ないので

載せ替えも早く出来ました。

こうしておけば検定まで時々でも打ち込みの練習が出来ます。



それにしても温泉付きの泊まるホテルの段取りまでして頂いて、

まるで修学旅行みたい・・・

夜は美味しい伊賀牛も食べられましたし 幸せ。

みんな少しは飲めるのですが、アルコールはやめて三人で遅くまで

お勉強会。  随分早くから予約して行くことになっていましたが、

楽しい二日間アッという間に過ぎました。

三回目、四回目と行かれるのよくわかります。

次回も出してもらえるように今からゴマすり・・・ですね。


余韻に浸っている場合ではありません。

これから検定まで実技か学科、どちらかだけでも受かるようにボケ掛けの

頭にむち打って、頑張りましょう。




CATEGORY: 組紐
| COMMENTS(2) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*










管理者にだけ表示を許可する