2018/01/08 (月)
今日は夕方までに何とか冠組が組めました。

なので続きに溜まっている房の始末と仕上げをしました。

2~3本ならいいのですが、8本もあったので結構時間も

掛かって大変で疲れました。



溜めないようにしないと・・・です。

次は糸の準備が出来ている高台で二重亀甲を組む予定。

しばらく組んでいないのできっと手が思うように動かない

でしょうね。








CATEGORY: 組紐
| COMMENTS(4) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*
2018/01/07 (日)
上下段とも変則的な撚り方向なので間違えないように気を

付けながら、毎回開き締めをしながら・・・

何とか組み上がりました。



しっかりした帯締めなので紬や大島などによさそうかなと思っています。

房がまだなので完成ではありません。


次は、年末にセットした冠組を組みます。

冠組が組み上がったら房の始末の溜まっている7本と一緒に

仕上げるつもりです。



年末の検定で組むばかりで房の始末をしていなかったので

随分溜まってました。




CATEGORY: 組紐
| COMMENTS(2) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*
2018/01/04 (木)
毎年定番のお節が続いていましたが、孫達も大きくなって

部屋が手狭になりました。

そしてお節も喜ばないようになったので今年は食べに行く事を

提案したらOKということになったので、三日の日は9人で焼き肉

食べ放題で新年会になりました。

なので今年は夫婦二人が食べるお節を作っただけです。

おまけに元旦に近くの神社に初詣に行っただけで、二日間テレビを

見てゴロゴロしていました。

動かず食べるので体重増加です。増やすのは簡単ですが減らすのは

難しい・・・

そろそろ日常生活に戻らなければ・・・と今日は年末に丸台に準備して

いた的矢源氏を少し組み始めました。



今年も好きな組紐に関わっていたいと思っています。




CATEGORY: 組紐
| COMMENTS(2) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*
2017/12/27 (水)
来年もう一度再受験の高台ですが、来年は蝙蝠じゃない

柄で組もうと漠然と思っていましたがふっと瓢箪が

浮かびました。

お手本にするようなのが手元になくて適当に描いて何に

見える?と夫に聞いたらカブト虫    エェ・・・

ちょっと太った瓢箪にしたからかな・・と今度はスマートな

瓢箪に描き直しました。

もう一度聞いてみると蟻だって・・・  瓢箪に見えないのかなぁ



半日描いては消してを繰り返したんだけどなぁ・・・

まぁ一年有ることだしそれまでに色々考える事にします。






CATEGORY: 組紐
| COMMENTS(0) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*
2017/12/25 (月)
お友達は、撚りを掛けて組む組み方で 糸を動かす直前に指先で

くるっと撚りを掛けてから動かされます。

それを真似したいと思うのですがどうもうまくいきません。

指先が私は不器用なんだと思っていましたが、先日手を触らせて

もらったらしっとりした手でした。

私の手は極端に乾燥しているので捻ろうと思ってもすべるし糸を触ると

静電気が起きます。

ビニール袋の口を開けるのも紙を数えるのも指先をぬらさないと

ダメなぐらい・・・

まさかしっとりと乾燥手でこんなに差があったなんて今まで考えた事も

ありませんでした。

なので私は全体に撚りを掛けて戻らないようにする方法で組まなければ

ダメなようです。

教室で撚りが戻るので持ち帰ったのですが、次回撚りのある組み方でも

組めるようにいらなくなったカーテンを袋状に縫って丸台の足に巻き付けて

様子をみようと作ってみました。



そういえば撚りを掛けて組む綾竹台は撚りがすぐに戻るので好き好んでは

組んでいませんでした。

組みにくいとは思いましたがその原因が乾燥肌だとは今まで知らずでした。






CATEGORY: 組紐
| COMMENTS(0) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*
2017/12/22 (金)
いつもはあれにもこれにもと糸をセットすると どっちも

つかずになるので 一つ組んでは次のに掛けるように

しているのですが、今回は高台の糸準備が出来てから

先日の検定の時の糸が戻ってきたので 丸台にセットして

いつでも組める状態にしました。

そして昨日京都の組紐教室で組んでいたのを家で組もうと

途中で外して持ち帰りました。






的矢源氏はそんなに組めてなかったので全部解いて最初から

組む事にしました。


冠組は続きから組もうと 組目に気をつけて台にセットしました。



年末の忙しい時期になかなか座れないとは思いますが、

長く置いて糸がもつれると困るのでとりあえず準備だけ・・・


そうそうこの間の検定試験の結果、学科と丸台は合格出来ました。

高台は緊張して間違え 規定寸法組めなかったり色々あって来年

高台だけ再受験になりました。

でも、一番心配だった学科が合格して苦手な勉強から解放された

ことが嬉しいです。







CATEGORY: 組紐
| COMMENTS(2) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*
2017/12/19 (火)
伊賀研修でわけていただいた高台用の糸で組もうと昨日から

糸準備を始めました。

ところが思い込みが強かったのか金糸の入っている方の糸は

下糸と勝手に決めて糸を巻取って下段に並べました。

そこまでしてから数が少ないことに気が付き上に置き直し。

下糸を綺麗に並べてから上糸に掛からないといけないのに

順序が逆でやりにくいことこの上なし・・・

糸を綺麗に並べるどころかもつれて最悪の状態で今日夕方まで

糸準備に掛かってしまいました。

赤茶に金糸で二重亀甲のつもりが逆バージョンになります。

折角覚えた感覚を忘れない内に少しずつ組まなければ・・・

とりあえず何とかここまで準備が出来てやれやれです。







CATEGORY: 組紐
| COMMENTS(2) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*
2017/12/17 (日)
最近暇を見つけては綾書きをパソコンに向かって書き写して

いました。

今までの綾書きと違って伊賀研修で言われる綾書きに書き

移すのは覚えていないだけに大変です。

下上下と書いていたのをモグッテに・・・とか今までとは全く

違う言い方なので覚えるまで大変です。

綾書きに書くのも今までは左右に分けて書いていましたが、

それも上下に書くように・・・

先日の二重亀甲の柄を綾書きに書いたら5枚になりました。

最初の紙にはまだ覚えていないので今までの綾書きを

小さく書き入れています。



頭がかたいのでこの綾書きに慣れるまで大変そうです。

本職の大先生が一生懸命教えてくださってるので自分でも

努力しなければと思います。





CATEGORY: 組紐
| COMMENTS(0) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*
2017/12/14 (木)
ここ数日家の中にいても火の気の無い所に行くと冷蔵庫の

中のような寒さです。

年末年始に風邪を引きたくないので外仕事は極力避けて

暖かい部屋で年賀状や綾書きをしています。

ず~っとこんなに寒い日が続くのでしょうか・・・

暖かい日もきっとあると信じて待ちます。



以前組んだ二重亀甲がお嫁に貰われたのでもう一度組もうと

柄から書き直しています。



先日綾書き定規のことを教えて頂いたので使ってみました。

段数を数えなくてもいいので楽でした。




CATEGORY: 組紐
| COMMENTS(0) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*
2017/12/10 (日)

昨年若い方に検定に誘われて2級に受かりましたので今年は

1級にチャレンジしました。

覚えるより忘れる方が早くて若い人のようにはいきませんが

結果はどうであれここしばらく勉強していた事からようやく解放

されました。

この歳で緊張したりドキドキしたり、字を書くことも滅多に無く

漢字は忘れているし・・・

でもこういうことがあると取りあえず書いて覚える動作をするので

少し活性出来ているのかもしれません。

検定が終わってお友達とコーヒーとふわふわパンケーキを・・・

大きくて食べきれないかもと思いましたがメレンゲでふわふわなので

ぺろりと食べられました。



サボっていた家の用事も畑もまた頑張らなくては・・・





CATEGORY: 組紐
| COMMENTS(4) | TRACKBACKS(0) | ▲TOP*